タイ風鶏の照り焼き酒盗風味
《 材料 (2~4人前)
鶏もも肉2枚
塩麹鶏肉の重さの1割位
飾り用
香菜(パクチー)適量
ライム(レモン)適量
トマト適量
つけダレ
にんにくみじん切り2片
かつを酒盗大さじ1~1と1/2
醤油小さじ1
オイスターソース大さじ1
生姜みじん切り小さじ1
ターメリック少々
胡椒少々
飾り用のパクチーの根の部分(みじん切り)3本位

作り方

1. 鶏もも肉をフォークで刺して塩麹をまぶし、ジプロックに入れ、つけダレと一緒に1時間以上漬け込む。
2. オーブンやグリルで片面15分~ずつ両面焼き、パクチーやライムを添えて出来上がり。

コツ・ポイント

鶏もも肉は半日~1日漬け込むとより美味しく仕上がります。

メモ

このレシピで使用しています!

かつを酒盗

近海の鮮度の良いカツオから厳選。一匹4~5kgのカツオから、わずか30~40gしか取れない胃・腸だけを、長期塩蔵熟成して発酵させました。天然のうまみ成分やアミノ酸を豊富に含んでいますので、酒の肴やアツアツご飯のほか、和製アンチョビ的な使い方として、さまざまな料理を美味しく仕上げます。

http://shiino.co.jp/recipe/detail.php?no=95